上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

黒豆煮

2017/02/24 Fri

義母から教わった、黒豆煮。
義母は、お料理がとっても上手なのですが、その中でも、この黒豆煮は絶品!
甘さ控えめで、とってもふっくら! おいしいのです。
ずっと、教えてほしいなと思っていたのですが、先日、丹波の黒豆を送っていただき、そのときに、作り方を教わりました。
黒豆煮って、時間もかかりそうだし、しわしわになったりしそうだし・・・、となかなか作ることができなかったのですが、初めて自分で作れたことに、感激☆
しかもふっくらやわらかい!
旦那さんはもちろん、3歳のお姉ちゃんも、1歳の妹ちゃんも、みんな喜んで食べてくれました。嬉しい^^
これからも、お義母さんのお料理を、いっぱい教わりたいな。

覚え書きとして、レシピを記載しておきます。

黒豆煮



【材料】(作りやすい分量)
黒豆・・・300g
砂糖・・・180g
醤油・・・大さじ2
重曹・・・小さじ1/2
塩・・・小さじ2/3

【作り方】
1.豆は洗ってざるにあげ、調味料を入れた8カップの水に一晩漬ける。
2.そのまま火にかけ、煮立ったらあくをすくい、鍋の表面が静かに沸騰を保くらいに火を弱め、落とし蓋をして、5〜6時間煮る。
3.豆に絶えず煮汁がかぶっているように、煮汁が足りなくなったら、豆ギリギリの線まで水を足す。
4.煮えたら、鍋のまま冷まして、味を含ませる。


↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (和食)を見る


スポンサーサイト
レシピ >> 和食 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

ほうじ茶豆ごはん

2016/03/01 Tue

今日は、節分で余った豆の活用法のご紹介です。
2歳のお姉ちゃんは、まだ、節分用の豆はそのまま食べられないので、コープのレシピを参考に、ほうじ茶豆ごはんにして食べてみました。
(ほうじ茶もちょっとカフェインが入っているので、気になる人は、赤ちゃん用のほうじ茶の方がいいかもしれませんね!)
以前にも、炒り豆ごはんを作ったことがあって、あちらもとってもオススメなのですが、今回のほうじ茶豆ごはんは、もっともっと、簡単〜!!
忙しいときには、こちらがオススメです☆
そして何よりも、ほうじ茶の香りが香ばしくて、ホントおいしい!!
京都の旅館で朝食にいただた、「ほうじ茶粥」を思い出しました。
お豆大好きなお姉ちゃんも、喜んで食べてくれて、よかった^^

ほうじ茶豆ごはん

【材料】(米2合分)
米・・・2合
ほうじ茶(抽出後に冷やしたもの)・・・2合の目盛りまで
節分用の豆・・・50g

【作り方】
1.米は洗って、水気を切る。
2.炊飯器に、①のお米と、ほうじ茶を2合の目盛りまで入れ、節分用の豆を上から入れ(混ぜない)、炊く。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (和食)を見る


レシピ >> 和食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

お月見肉団子

2015/09/30 Wed

先日の中秋の名月。
部屋に「すすき」を飾って、「お月見肉団子」を作りました。
まだ2歳のおチビちゃんには、本物のお団子は、のどにつまらせそうでちょっぴり心配だったので、肉団子に。
中にうずらの卵を入れれば、かわいいお月様がかくれんぼ!
楽しい十五夜メニューになりました!

既存のレシピを参考にして作ったのですが、多少アレンジしたので、メモとして、レシピを記載しておきます。

お月見肉団子


【材料】(4人分 20個)
鶏ひき肉・・・320g
長ねぎ(みじん切り)・・・1/3本
しょうが(みじん切り)・・・1片(子ども用ならもう少し減らしてもよかったかも)
A:酒・・・大さじ1
A:しょうゆ・・・大さじ1と1/2
A:片栗粉・・・大さじ1と1/2
うずらの卵の水煮・・・20個
油・・・適量
B:だし汁・・・150cc
B:みりん・・・大さじ2と1/2
B:砂糖・・・大さじ1/2
B:しょうゆ・・・大さじ1
片栗粉・・・小さじ2
水菜(飾り用)・・・3本程度

【作り方】
1.鶏ひき肉に長ねぎとしょうがのみじん切り、Aを加えてよく混ぜる。
2.(1)を20等分にして、冷蔵庫で一度冷やす(一度冷やすと丸めやすくなります)。
3.手に薄く油をつけ、(2)にうずらの卵の水煮を入れて丸める。
4.フライパンに油をひいて熱し、(3)を転がしながら焼く(転がすことで、丸くなります)。
5.鍋にBを入れて火をかけ、沸騰したら、片栗粉と同量の水(分量外)で混ぜた水溶き片栗粉でとろみをつけ、あんを作る(若干あんが多めだったので、もう少し減らしてもよさそうです)。
6.器に(4)を盛り、上から(5)のあんをかけ、水菜を添える。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (和食)を見る


レシピ >> 和食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
食べることが大好きなおチビちゃん、最近は、お料理にもとっても興味があります。
お母さんがお料理するのをながめたり、ゆで卵の殻むきや海苔をちぎったりなどの簡単なお手伝いをしてくれたり、おままごとでお料理をしたり、お料理番組を見たりするのも好き。
そんなわけで、最近は、おチビちゃんと一緒に「NHKきょうの料理」や「きょうの料理ビギナーズ」をよく一緒に見ています。
おチビちゃんは、「おいしそうね!」と嬉しそう☆

そんな、「NHKきょうの料理」で紹介された、「ゴーヤーと豚バラ肉の煮込み」を作ってみました。
ゴーヤーはワタと種はそのままで、大きな輪切りにして、豚バラ肉と一緒に煮込みます。
ワタと種をとらずに丸ごと煮込むなんて、かなり豪快!!
かつ、とっても簡単!!
火を通すとワタはトロ〜リ、種はカリッと仕上がり、苦みの強いゴーヤーを豚バラ肉の脂で包み込んでいるので、苦みはまろやか、そしてコクのある1品に仕上がります。

紹介されたレシピよりも、若干甘味を控えて作ってみました。
それ以外は、ほとんど同じレシピですが、とってもおいしかったので、一応、覚え書きとして記録しておきます。

ゴーヤー料理は、以前、ゴーヤー料理コンテストに出したときにたくさんのお料理に挑戦したことがありますが、結局は、簡単でおいしい、ゴーヤーチャンプルー、ゴーヤーと豚肉の甘味噌煮込み、ゴーヤーとちりめんじゃこの佃煮ばかりが、我が家の定番となってしまっていました。
でも、これからは、このお料理も、定番に追加されそうな予感がします!!

ゴーヤーと豚バラ肉の煮込み

【材料】(4人分)
ゴーヤー・・・2本(560g)
豚バラブロック肉・・・500g
油・・・大さじ2
酒・・・1カップ
水・・・3カップ
砂糖・・・大さじ2
みりん・・・大さじ3と1/2
しょうゆ・・・大さじ6
かつおぶし・・・4gの小袋×3袋

【作り方】
1.ゴーヤーはワタも種も取らず、1.5cm厚さの輪切りにする。
2.豚バラ肉は一口大(3〜4cm程度)に切る。
3.ルクルーゼに油を敷き、強めの中火で熱し、ゴーヤーを炒める。
4.ゴーヤーに油がなじんだら、豚バラ肉を加え炒め、酒と水を入れて煮る。
5.煮立ったらアクを取り、砂糖とみりんを加え、落としぶたをして5分ほど煮る。
6.しょうゆを入れ、さらに10分煮る。(このとき、蓋ははずす。火加減は終始強め。煮立てて油と煮汁を乳化させて、トロリとさせる。)
7.煮汁がトロリと煮詰まってきたら、かつお節を加え混ぜる。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (和食)を見る




レシピ >> 和食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ぶりとねぎの鍋

2014/03/26 Wed

「きょうの料理ビギナーズ」で紹介された「ぶりとねぎの鍋」。
おいしそうだったので、作ってみました。
ぶりの旨味とねぎの甘味がたっぷりの、ちょっと甘めの汁がとてもおいしいです。
若干、分量などを変えて作ったので、記録として載せておきます。

ぶりとねぎの鍋

【材料】(2人分)
ぶり(柵)・・・250g
白ねぎ・・・3本
しょうが・・・1かけ
A:だし汁・・・300cc
A:酒・・・大さじ1と1/2
A:しょうゆ・・・大さじ1と1/2
A:みりん・・・大さじ1と1/2
A:砂糖・・・大さじ1/2

【作り方】
1.ぶりは薄切りにする。ねぎは5cmの長さに切る。しょうがは千切りにする。
2.お鍋にねぎを立てて並べる。
3.Aを回し入れ、しょうがの半量を散らし、火にかける。
4.ねぎに火が通ったら、ぶりを上に乗せ、しょうがを散らし、蓋をして3〜4分火にかける。


他のレシピ (和食)を見る






↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

レシピ >> 和食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。