上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
マグロとお野菜を刻んで和えるだけのマグロのタルタル。
ディルとピンクペッパーを添えるだけで、あっという間にかわいいおもてなし料理に変身します。

マグロのタルタル

【材料】(2~4人分)
マグロ・・・100g
レモン汁・・・小さじ1
たまねぎ・・・1/6個
パプリカ(黄)・・・1/6個
イタリアンパセリ・・・10枚
タルタル液 
 オリーブオイル・・・大さじ1と1/4
 バルサミコ酢・・・大さじ1/2
 白ワインビネガー・・・大さじ1
 塩・こしょう・・・少々

ディル・・・適量
ピンクペッパー・・・適宜
オリーブオイル・・・適量
バルサミコ酢・・・適宜

【作りかた】
1.マグロは5mm角に切り、レモン汁をかける。
2.たまねぎとイタリアンパセリはみじん切り、パプリカは3mm角に切る。
3.タルタル液を合わせ、泡立て器でしっかりと混ぜて乳化させる。(1)と(2)を入れて和える。
4.お皿の上にセルクルをおき、(3)とディルを敷き詰め、オリーブオイルをお皿にかけてから型をはずす。
5.オリーブオイルの上に、バルサミコ酢をところどころたらし、ディルの上にピンクペッパーを散らす。

スポンサーサイト
レシピ >> 洋食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
今月末に東京へ引っ越すことが決まっているので、今日は、これまで仲良くしてくれた、旦那さんのお友達4人をおうちにご招待しました。

おもてなしディナーは、ミニトマトとモッツァレラとオリーブのオードブルピン、グリッツシーニの生ハム巻き、トマトときのこの2種類のブルスケッタ、マグロのタルタル・ディル添え、焼野菜のマリネ、ニョッキ・ポルチーニソース、豚肉の赤ワイン煮。
旦那さんとふたりで、はりきって作っちゃいました。

おもてなし料理おもてなし料理

マグロのタルタル・ディル添えは、以前、兵庫県・岡本の「gueule」というフレンチレストランでいただいたお料理を思い出しながら飾り付けてみました。→(マグロのタルタル・ディル添えのレシピはこちら)。
タルタル自体は全然違う味ですが、こんな感じでディルがたくさんのっていて、とってもかわいくておいしかったんですよ。
「gueule」は前菜もジビエもとってもおいしくて、おすすめのお店。
また食べに行きたいな。

焼野菜のマリネは、ナス、ズッキーニ、パプリカを焼いてマリネ液につけてあります。いろんなお野菜でおいしくできますが、パプリカだけははずせません。肉厚のパプリカを焼くと、甘くてジューシーでおいしいですよ。→(焼野菜のマリネのレシピはこちら)。

おもてなし料理

ニョッキ・ポルチーニソース。
これ、我が家のおもてなし料理の定番。ニョッキはパスタと違ってのびにくいから、こういうときに便利です。→(ニョッキ・ポルチーニソースのレシピはこちら)。

牛肉の赤ワイン煮

豚肉の赤ワイン煮。ルクルーゼで時間をかけて煮込みます。キャンプのときにダッチオーブンで作ったこともありますが、煮込んだお肉はホロホロ!最近はまっている料理のひとつです。
どちらかというと牛肉のほうがオススメですが、今日はいいお肉が手に入らなかったので、豚肉で代用しました。写真は取り忘れてしまったので、前回作ったときのものです。これは、牛肉だったかな?→(牛肉の赤ワイン煮のレシピはこちら)。

楽しいディナーでしたが、これで皆ともお別れになると思うと、寂しいですね。
今までありがとう。また戻ってきたら遊んでね。

今日のおうちごはん | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。