上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ボロネーゼ

2011/08/28 Sun

「はなまるマーケット」で紹介された落合 務シェフのレシピに、旦那さんが挑戦!
「肉をさわりすぎないこと」という落合シェフの言葉を忠実に守ったら、ゴロゴロとした食感のおいしいボロネーゼができました。

ボロネーゼ

【材料】(3人分)
合いびき肉・・・250g
塩(下味用)・・・大さじ1/2
こしょう(下味用)・・・少々
たまねぎ・・・1/4コ 
にんじん・・・1/8本
セロリ・・・5cm
赤ワイン・・・カップ1/2
トマトの水煮缶・・・1缶(400g)
オリーブオイル・・・大さじ2
バター・・・10g
塩・こしょう・・・適宜
パルメザンチーズ・・・適量

【準備】
●トマトの水煮缶は、軽くつぶしておく。

【作りかた】
1.たまねぎ、にんじん、セロリはみじん切りにする。
2.深めの鍋にオリーブオイル大さじ1を入れて火にかけ、(1)を入れ、弱火で15分~20分程度じっくりと炒めて、ソフリット(*)を作る。
3.合いびき肉に塩大さじ1/2、こしょう少々をふって下味をつける。
4.(2)の鍋にオリーブオイル大さじ1を加え、肉を加えて強火でしっかりと焼き色をつける。(肉をむやみにかきまぜず、炒めるというより、時々裏返しながら焼くという感じ。鍋にこびりついたものは、赤ワインを入れたときに自然と落ちる。)
5.しっかりと焼き色がついたら、赤ワインを加えて強火のまま煮詰める。
6.汁けがなくなり、音がジュージューからパチパチに変わってきたら、つぶしたトマトの水煮缶を加える。沸いてきたら火を弱め、15分程度煮込む。
7.仕上げにバターを加える。味をみて、足りなければ塩・こしょうを適宜加える。
8.パスタをゆで、ボロネーゼソース、パルメザンチーズをかけて盛り付ける。

*ソフリットとは、香味野菜をじっくり炒めて、野菜の甘みと香りを濃縮させたもののことで、煮込み料理のベースになります。



●このレシピの一番のポイントは「肉をさわりすぎないこと」。肉をかき混ぜてしまうと、肉から肉汁が出てしまうのでおいしくないそうです。
●このレシピにハーブは入っていませんでしたが、香りづけに入れたほうがよさそうです。落合シェフの別のレシピに、ソフリットを作るときにブーケガルニ(ローリエ1枚、ローズマリー1枝、セージ2枚)を一緒に炒めて、その後取り出す、と書かれていました。ちなみに落合シェフの著書には、「ハーブはフレッシュに限る、ドライハーブだったら使わない方がまし。」というコメントがあります。
●今回は、(6)で少し強めの火で煮込んでしまったため、ソースが煮詰まりすぎてしまいました。
●お好みで、もう少しオリーブオイルの量を多めにしても良いかもしれません。

スポンサーサイト
レシピ >> 洋食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

Charcuterie Kodama

2011/08/28 Sun

前回、二子玉川ライズの「Charcuterie Kodama」(シャルキュトリー コダマ)で購入したパテ・ド・カンパーニュがおいしかったので、レバーペーストとウインナーを購入してみました。

Charcuterie Kodama
レバーペーストは、30gから購入できます。
ピンク色でとっても綺麗。
うちで作ると、どうしても黒っぽくなってしまうのですが、どうやったらこんなに綺麗な色になるんでしょうか・・・?白レバーを使っているのかな?
味は、少し塩気が強すぎるような気がします。レバーの風味も、もう少しほしいところ。

Charcuterie Kodama
ウインナーはハーブとチョリソーとの2本(写真は、半分に切ったもの)を購入しました。
ひと口食べると、肉汁がじゅわっと出て、口の中に、スモークやハーブ、スパイスの香りが広がります。
チョリソーには、クミンが入っているようです。
とってもおいしい。

VIRON
ウインナーと一緒に写っているパンは、昨日「VIRON」で買ってきた、ライ麦パン。
見た目がとってもかわいらしいです。長細いのと、丸いのと、2種類の形が選べます。
味は・・・、うーん・・・、ライ麦パンは普通かなあ。バゲットの方が断然おいしいです。

クリームチーズにクランベリーを刻んで混ぜたら、おいしいクランベリークリームチーズができました。

おいしいお店 >> 洋食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
渋谷の「Boulangerie Patisserie VIRON」(ブーランジェリー パティスリー ヴィロン)。
以前お友達に連れていってもらって以来、ここのバゲットサンドの虜になってしまいました。
ぜひ、旦那さんにも食べてもらいたいと思い、今日は、隅田川花火大会のお供に、テイクアウトをすることにしました。

VIRON

選んだバゲットサンドは、「パテ・ド・カンパーニュ」と「「コッパ(野菜やきのこのマリネ)」。「豚のリエット」もとっても惹かれたのですが、最終的にはこの2つに。

ここのバゲットは、噛み応えがしっかりとあって、噛むごとに味わいが出てくるような、王道のバゲットといった感じです。

バゲットはもちろん、サンドされている具材がまた格別においしい。
パテ・ド・カンパーニュは、レバー感が調度よく、脂身が少し多めで、しっとりとしています。一緒にサンドされているバターやピクルスとの相性も抜群。
マリネは、野菜ときのこの旨みがたくさん。

テイクアウトをしてから少し時間がたってしまっていたので、バゲットの外側のパリパリ感はなくなってしまいましたが、十分すぎるくらい満足できるお味でした。

花火を見ながら、2人で、「おいしいねー」、「(花火が)綺麗だねー」と忙しく、夢中で食べました。


おいしいお店 >> パン | コメント:(0) | トラックバック:(0)

隅田川花火大会

2011/08/27 Sat

「隅田川花火大会」。
前日の大雨が心配でしたが、無事開催されてよかったですね。

浅草駅の混雑を避けるため、今年も昨年同様、南千住で下車して、桜橋中学校近くの堤防沿いから鑑賞することにしました。
18時ごろ現地につきましたが、ちょうど2人座れるくらいのスペースを確保。
木が少しだけ邪魔をしてしまいましたが、打ち上げ場所から程近くの、かなりいい場所です。

隅田川花火大会

隅田川には、屋形船がたくさん出ていて、とても風情があります。
うらやましい限りです。

花火は、いろいろと工夫を凝らしていて、とても綺麗。
さすが、東京の有名な花火大会だけあります。

先日の「神宮外苑花火大会」は、六本木ヒルズのスカイデッキから鑑賞しました。夜景とともに見る花火も素敵でしたが、やっぱり花火は、こうやって、打ち上げ場所の近くから鑑賞するのが一番ですね。

いよいよ、この花火大会の目玉、「花火コンクール」が開催。
昨年のコンクールは、私たち2人とも、優勝チームの予想を見事、的中させました。
今年も、ド素人ながら、ずうずうしく、コンクールの採点を。
私は「ミラーボール」を、旦那さんは「桜花に込める希望の光」を1位と予想しました。
果たして結果は・・・?

おでかけ | コメント:(0) | トラックバック:(0)

御門屋

2011/08/27 Sat

御門屋

「御門屋」の揚げまんじゅう。
旦那さんがおいしいと、よくすすめてくるので、買ってみることにしました。
こし餡とご胡麻がありますが、今回はおすすめのこし餡に。
香ばしくって、おいしい!
私は、皮がもう少しサクサクしたほうが好みですが、このもちっとした感じもなかなかです。

これ、バラ売りをしているのが嬉しいところです。
小腹が空いたときに、パクっと食べたくなります。
今度は、帰省土産に買ってみようかな。


おいしいお店 >> スイーツ・ドリンク | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。