上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

キウイのコンポート

2011/11/30 Wed

果物のコンポートシリーズ。
今回は、母からもらったキウイで作ってみました。
このキウイは、静岡産の「レインボーレッド」という新しい品種。酸味が少なく、甘みが強いので、とっても食べやすいんです。黄緑色と赤色のコントラストもまたかわいらしいですね。

キウイのコンポート

【材料】
キウイ・・・5個
白ワイン・・・200cc
水・・・200cc
砂糖・・・55g(お好みで調整)
バニラビーンズ・・・1/4本(なければ入れなくてOK)
レモン汁・・・大さじ1/2(お好み)

【作りかた】
1.キウイは、皮をむき、半分に切る。
2.鍋に白ワイン、水、砂糖、バニラビーンズ、お好みでレモン汁を入れ、軽く火にかけて砂糖を溶かす。
3.キウイを鍋の中に入れ、落とし蓋をし、弱火で5分程度煮る。
4.煮汁につけたまま冷まし、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
5.ミントやアイスなどを添えていただく。



●シロップが残ったら、アイスクリームのソースにしたり、シャンパンやワインに加えてカクテルにしてもおいしいです。
●同じ材料で、いろんな果物のコンポートができます。→(桃のコンポートのレシピはこちら) (いちじくのコンポートのレシピはこちら)。

スポンサーサイト
レシピ >> スイーツ・ドリンク | コメント:(2) | トラックバック:(0)
先日、母がお土産に持ってきてくれた、静岡の特産、麻機れんこん。
このれんこん、歯ごたえはしっかりあるのに、やわらかくて、粘り気があって、とってもおいしいんです。
さっそく、鶏ひき肉だねをはさみ焼きにしていただきました。

れんこんのはさみ焼き

【材料】(2人分)
れんこん・・・1節(350g)
片栗粉・・・適量
油・・・適量
鶏ひき肉だね
  鶏ももひき肉・・・150g
  白ねぎ・・・10cm
  しょうが・・・1片
  酒・・・大さじ1
  しょうゆ・・・小さじ1
  塩・・・小さじ1/3
  黒こしょう・・・少々
  片栗粉・・・大さじ1/2
山椒の葉・・・1枚
すだちしょうゆ・・・お好み
ゆずこしょう・・・お好み

【作りかた】
1.れんこんは皮をむき、8mmの厚さに輪切りし、水にさらす。ねぎはみじん切りにし、しょうがはすりおろす。
2.ボウルに鶏ももひき肉、(1)のねぎとしょうが、酒、しょうゆ、塩、黒こしょうを入れてよく混ぜる。片栗粉を加えて、粘りが出るまでさらによく混ぜる。
3.れんこんの水気をふき、片面に片栗粉を薄くまぶし、片栗粉がついている面に(2)のたねををのせ、れんこんではさむ。
4.フライパンに油をひいて熱し、(3)を入れ、中火で片面に焼き色をつけてから裏返し、蓋をして弱火5〜7分程度蒸し焼きにする。
5.器に盛りつけ、山椒の葉を飾り、お好みで、すだちしょうゆ、ゆずこしょうなどをつけていただく。
レシピ >> 和食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

鶏肉の治部煮

2011/11/27 Sun

金沢の郷土料理、治部煮。
本来は鴨肉を使うようですが、手に入りやすい鶏肉で作りました。

治部煮

【材料】(4人分)
鶏もも肉・・・1.5枚(400g)
小麦粉・・・適量
生しいたけ(又は干ししいたけ)・・・4個
長ねぎ・・・1本
たけのこの水煮・・・1/2個
生麩・・・1/2本(あれば)
A:だし汁・・・400cc
A:酒・・・大さじ4
A:みりん・・・大さじ2と1/2
A:しょうゆ・・・大さじ1と1/2
A:塩・・・少々
わさび・・・お好み

【作りかた】
1.鶏肉は、そぎ切りにし、小麦粉をまぶす。しいたけは石づきをとって、半分に切る。長ねぎは、4〜5cmのぶつ切りにして、軽く焼く。たけのこは、一口大に切っておく。(生麩は、1cm幅に薄切りにする。)
2.鍋にAを入れ、煮立ったら鶏肉を入れる。上下を返しながら弱火で5分ほど煮、一度取り出しておく。
3.(2)の鍋にしいたけ、長ねぎ、たけのこ、(生麩)を入れ、弱火で5分ほど煮、鶏肉を戻し入れる。
4.器に盛りつけ、お好みでわさびを添える。

レシピ >> 和食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

高尾山

2011/11/26 Sat

紅葉シーズンですね。
最近の週末は、毎週のように都内の紅葉スポットを巡っています。

さて、今回は・・・高尾山!
富士山と並んでミシュランガイドの三ツ星に選ばれた山で、かつ、パワースポットとしても有名なこの場所、かなり気になっていました。

今朝は5時起き。まだ真っ暗な中、準備をして、お弁当を作って、いざ出発です!
6時30分に最寄り駅を出て、高尾山口に着いたのは、7時30分すぎ。
京王線の往復乗車券とケーブルカーやリフトがセットになっている「高尾山きっぷ」、かなりお得です。

高尾山
まずは、31度という、ケーブルカー線路では日本一の急勾配を誇るケーブルカーに乗って、高尾山駅まで上がります。
1本見送って、景色がしっかり見える、先頭の場所をキープ。迫力満点です。
途中の急勾配では、手すりを捕まらなければ、体が支えられないほど(なぜか、旦那さんは手を離しても全然大丈夫でしたが・・・)。
わずか6分の乗車でしたが、楽しい時間を過ごしました。

高尾山駅に到着したのは、8時すぎ。展望台で景色を少し楽しんだ後、いよいよ登山開始です!
登山といっても、メインの1号路は、比較的舗装された道が続き、頂上までは、わずか40〜50分程度。
子供からお年寄りまで楽しめる、お手軽登山だそうです。

高尾山
途中、高尾山七不思議の「たこ杉」を見物し、その横にある「開運ひっぱり蛸」をなでて拝み、パワースポットで有名な「高尾山薬王院」へ。
「六根清浄石車(ろっこんしょうじょういしぐるま)」を「懺悔懺悔六根清浄」と唱えながら回して、清らかな気持ちを取り戻します。

高尾山
続いて、「願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり」を願いをかけながらくぐって、大錫杖を鳴らします。
先日、高尾山に登った願いごと大好きなお友達の家族は、薬王院でかなりの時間を費やしたと言っていました。分かる気がします・・・。

高尾山
さあ、薬王院のご利益巡りはほどほどにして、山頂を目指します。
ここから山頂までは、残りわずか! 途中、紅葉のきれいなところがあちらこちらにありました。
あっという間に、山頂に到着。時計を見てみると、まだ、9時15分でした。

山頂の見晴らし、とっても気持ちがいいです。
条件がよければ、富士山も大きく見えるようですが、今日は残念ながら、雲に隠れていました。

高尾山
山頂から10分程度歩いたところにある、紅葉台も訪れてみました。

高尾山
紅葉台に向かう途中の紅葉が、とってもきれい!

さてさて、まだ10時ですが、山頂についてやることといったら、もちろん、ごはんですよね。
朝が早かったので、お腹はぺこぺこ。

高尾山
お弁当は、五目ごはんおむすび、筑前煮、鶏の唐揚げ、ブロッコリー、ミニトマト。
大好物の鶏の唐揚げ、やっぱり欠かせません。
きれいな景色を眺めながらのランチは、最高ですね!

高尾山
それにしても山頂は、ちょっと冷えます。
温かいものをいただきたくなった私たちは、なめこ汁を購入しました。
周りを見渡してみると、アウトドア用の携帯ガスコンロを持ってきている方達がちらほら。うどん、もつ鍋、カップラーメン・・・、あー、羨ましいです。
私たちも、携帯ガスコンロ、欲しくなっちゃいました。

ごはんを食べ終わって、ふと気がついてみると、山頂には人、人、人! 山頂に登ってくる人たちも、まともに歩けないくらいの行列です。
自然いっぱいの高尾山のはずですが、ここはやっぱり東京でした。
これじゃあ、都会にいるのと変わらないですよね。一気にテンションが下がってしまいます・・・。

まだ11時30分すぎでしたが、早々に下山することにしました。
帰りは、吊り橋があるという、4号路へ。
メインの道ではないので、さっきまでの人混みは嘘のよう。しかも、道も舗装されていなくて、自然豊かでいい感じです。

高尾山
行きはケーブルカーだったので、帰りはリフトにしました。
リフトは、捕まる手すりもないので、かなりの迫力です。景色もよくて、気持ちイイ!

高尾山
山麗駅に到着したのは、12時50分。
こちらの紅葉、見事でした。山頂よりも綺麗なくらい。

早朝とは打って変わって、上りのリフトやケーブルカー乗り場の行列、すごいです。30分待ちだとか。
早く出発して、ほんとよかった。

帰りは、13時30分すぎに高尾山口駅を出発して、14時30分すぎに最寄り駅に到着しました。
こんなに遊んだのに、家についたのは、まだお昼すぎ。
なんだか得した気分です。なるほど、これが「早起きは三文の徳」ですね。
遅寝・遅起きの私たち・・・。旦那さん、これをきっかけに、生活改善しませんか?

おでかけ | コメント:(2) | トラックバック:(0)
和食の定番、煮びたし。
じっくりと味をしみこませる時間も必要ないので、忙しいときでもササッと作れる、お手軽なひと品。
具のうまみがしみた、おいしい煮汁ごといただきます。

小松菜と厚揚げの煮びだし

【材料】(4人分)
小松菜・・・1わ
厚揚げ・・・1枚
A:だし汁・・・200cc
A:しょうゆ・・・大さじ2
A:みりん・・・大さじ2

【作りかた】
1.小松菜は、根元を落として、長さを4等分に切り、茎と葉の部分に分けておく。
2.厚揚げは、8等分に切る。
3.鍋にAを入れ、煮立ったら、厚揚げを加える。再び煮立ったら蓋をして弱火にし、5分程煮る。
4.(3)のふたをとり、小松菜の茎の部分を加えて、1分ほど煮る。
5.(4)小松菜の茎の部分がしんなりとしたら、葉の部分を加え、再び蓋をして、3分ほど煮る。
6.器に汁ごと盛りつける。

レシピ >> 和食 | コメント:(2) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。