上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
OGGI
大好きな、OGGIの「ショコラ デ ショコラ」。
帰省土産ではよく利用するのですが、先日久しぶりに、自分たち用にプティサイズの「プティ ショコラ」のプレーンを買ってみました。

OGGI
このピンクのパッケージもかわいい。

OGGI
濃厚なチョコレートと、わずかに香るシナモンとハーブの風味がたまりません。
おいしい〜。
とっても濃厚なので、いつも、少しずつ、ちびちびといただきます。

スポンサーサイト
おいしいお店 >> スイーツ・ドリンク | コメント:(0) | トラックバック:(0)
「LE CREUSET×レシピブログ」に参加し、ル・クルーゼでつくるレシピを投稿中です。
今回作ったのは、「モツのコチュジャン煮」。
モツ煮込みを韓国風にアレンジしました。
ル・クルーゼでコトコト煮れば、モツはとってもやわらか!!
甘辛い味がしみたモツやお野菜がとってもおいしいです。

モツのコチュジャン煮

【材料】(4〜5人分)
モツ(ゆでてあるもの)・・・300g
干ししいたけ・・・6枚
板こんにゃく・・・1/2枚
ごぼう・・・1本
大根・・・8cm
にんじん・・・1/2本
しょうが・・・1片
にんにく・・・2片
長ネギ(青い部分)・・・3本
ごま油・・・大さじ1/3
日本酒・・・50cc
A:コチュジャン・・・大さじ4
A:味噌・・・大さじ2と1/2
A:しょうゆ・・・小さじ1
A:みりん・・・大さじ3
白髪ねぎ・・・適宜
糸唐辛子・・・適宜

【準備】
●干ししいたけはぬるま湯で戻しておく。

【作りかた】
1.干ししいたけは石突きをとって4等分に、大根とにんじんはいちょう切り、しょうがは皮ごと薄切りにする。板こんにゃくはやや太めの短冊切りにして下茹でをし、ごぼうは斜め薄切りにして水にさらす。
2.お湯に塩ひとつまみ(分量外)を入れ、モツを下茹でし、ザルにあげておく。
3.ル・クルーゼにごま油、しょうが、にんにく、長ネギを入れて熱し、香りを出したら、(2)のモツ、日本酒、ひたひたの水を入れ、中火にかける。沸騰したら弱火にしてアクを取り除き、1時間程度煮込む。
4.やわらかく煮えたら、Aと干ししいたけ(戻し汁ごと)、板こんにゃく、ごぼうを加えて20分程度さらに煮込む。前日から作るのであれば、この時点で一晩置く。
5.大根、にんじんを加えて、10分程度煮込む。時間があれば、一度冷まして味をしみ込ませる。
6.食べる前に温め、お皿に盛りつけ、お好みで白髪ねぎと糸唐辛子を乗せる。

モツのコチュジャン煮
「ル・クルーゼ ココット・ロンド 22cm」を使用しています。


ル・クルーゼの料理レシピ
ル・クルーゼの料理レシピ




↑レシプブログランキングに参加しています。よかったらのぞいてみてください。


他のレシピ (アジアン)を見る




レシピ >> アジアン | コメント:(0) | トラックバック:(0)
lekue(ルクエ)で作る塩麹蒸し鶏がとてもジューシーでおいしいので、またまたアレンジレシピを考えました。今回も「スチームケース・OGYA(おじや)」を使って、スープに挑戦。
深型のOGYAは、スープ作りに最適です。
ネバネバの滋養強壮効果で、これからの暑い季節を乗り切れるレシピになったかな?

塩麹鶏とオクラと山芋のネバネバスープ

【材料】(3人分)
鶏肉・・・100g
塩麹・・・大さじ2/3
長ネギの青い部分・・・5cm
しょうが(薄切り)・・・1/2かけ
オクラ・・・4本
山芋・・・50g
湯・・・270cc程度
酒・・・大さじ1
A:しょうゆ・・・小さじ1と1/2程度
A:塩麹・・・小さじ2/3程度
A:塩・・・少々
A:ごま油・・・少々
A:しょうが(すりおろし)・・・少々
白ごま・・・大さじ1/3

塩麹鶏とオクラと山芋のネバネバスープ

【作り方】
1.OGYAに鶏肉を入れ、塩麹大さじ2/3と長ネギの青い部分、しょうがの薄切りをもみ込み、上からぴっちりラップをかぶせ、1晩おく。
2.(1)の鶏肉を600wの電子レンジで90秒加熱し、上下を返してさらに1分加熱する。しっとりさせるように、OGYAの蓋をしたまま冷まし、粗熱が取れたら鶏肉を手で裂く。長ネギの青い部分としょうがは取り除く。
3.オクラは輪切りに、山芋は8mm角に切る。
4.(2)の鶏肉が入っているOGYAに、(3)のオクラと山芋、酒を入れ、湯をOGYAの内側の線まで入れ(270cc程度)、600wの電子レンジで2分30秒加熱する。
5.Aのしょうゆ、塩麹、塩、ごま油、しょうがを入れて調味し(分量はおおよその目安なのでお好みで調整してください)、600wの電子レンジで1分加熱する。仕上げに白ごまをふる。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


ルクエレシピブログ

ルクエおすすめ中!
素敵なレシピがいっぱいあります。


他のレシピ (ルクエ)を見る




レシピ >> ルクエ | コメント:(2) | トラックバック:(0)
「LE CREUSET×レシピブログ」に参加し、ル・クルーゼでつくるレシピを投稿中です。
今回作ったのは、「長ネギと塩麹豚の角煮」。
豚かたまり肉を一晩塩麹に漬け込み、大きく切った長ネギと一緒にル・クルーゼで煮込みました。
長ネギの量は4本! たっぷりといただきます。
塩麹と長ネギのほんのりした甘さがあわさって旨味たっぷりの味わいとなりました。

長ネギと塩麹豚の角煮

【材料】(3人分)
豚かたまり肉(ばら肉など)・・・450g
塩麹・・・大さじ3+大さじ1
しょうが・・・1片
にんにく・・・3片
長ネギ・・・4本
酒・・・100cc
サラダ油・・・大さじ1/2
糸唐辛子(あれば)・・・適量
ブロッコリーのスプラウトなど緑のもの・・・適量

【作り方】
1.豚肉を3等分にし、それぞれ塩麹を大さじ1ずつ塗り(合計大さじ3)、ラップに包んで冷蔵庫で1晩置く(調理30分前には冷蔵庫から出しておく)。
2.長ネギは、飾り用の白髪ネギの分以外は、8cm程度の長さに切っておく。にんにくはつぶし、しょうがは薄く切る。
3.フライパンにサラダ油をひき、にんにく、しょうがを入れ、香りを出す。香りが出たら、取り出しておく。
4.(3)のフライパンで、豚肉の表面を焼き、軽く焼き色をつける(塩麹がたくさんついていると焦げやすいので、多少ぬぐいとり、その分はル・クルーゼに入れる)。
5.ル・クルーゼに(2)の8cm程度に切った長ネギを敷き詰め、(3)のにんにく、しょうが、(4)の豚肉を入れ、大さじ1の塩麹を全体に塗り、酒を入れ、火にかける。沸騰したら弱火で30分程度煮る。最初は焦げ付き防止のため、ネギを鍋の底に敷き、その上に豚肉を乗せるが、ネギの水分が出て来たら、豚肉も煮汁にしっかりとつかるようにする。途中、豚肉の上下を返す。
6.中まで火が通ったら、蓋をしたまま冷まし、数時間〜1日置く。途中、豚肉の上下を返して煮汁につける。油が浮いてきたら、油をとる。
7.食べる前に温め直し、器にネギを敷き、その上に豚肉を乗せ、白髪ネギ、糸唐辛子、ブロッコリーのスプラウトを飾る。

長ネギと塩麹豚の角煮
「ル・クルーゼ ココット・ロンド 22cm」を使用しています。


ル・クルーゼの料理レシピ
ル・クルーゼの料理レシピ




↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (和食)を見る




レシピ >> 和食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ミート矢澤

2012/06/26 Tue

五反田の「和牛専門店 ステーキ・ハンバーグ ミート矢澤」。
ここは、A5ランクの黒毛和牛が、とってもリーズナブルにいただけるということで、都内でもかなり有名なお店らしいですね。
ずっと行ってみたいと思っていたのですが、やっと訪れることができました。

ミート矢澤
訪れたのは、旦那さんがノー残業デーの金曜日の18時半頃。
いつもは長い行列ができるようなんですが、まだ時間が早かったせいか、ほとんど並ばずに入れました。

注文したのは、「黒毛和牛100% デミグラスハンバーグ」と、「黒毛和牛100% フレッシュハンバーグ 矢澤オリジナルソース」、そしてお食事セット。

ミート矢澤
お食事セットの「サラダ」。
正直サラダはあまり期待していなかったのですが、これがおいしい。
特にドレッシングがおいしいです。

ミート矢澤
お食事セットの「和牛スープ」。
お味噌汁と和牛スープのどちらかが選べるようになっているのですが、せっかくなので和牛スープに。
白く濁ったこのスープ、和牛の旨味がしっかりと出ていて、濃厚でおいしいです。

ミート矢澤
そして、楽しみにしていた「黒毛和牛100% デミグラスハンバーグ」と、「黒毛和牛100% フレッシュハンバーグ 矢澤オリジナルソース」。
焼き加減は、オススメの「ミディアムレア」でお願いしました。

ナイフを入れると、中から肉汁がジュワ〜!
とってもやわらかくてジューシー!! 和牛の旨味をしっかりと味わえて、おいしい〜!!
中がレアなのもとってもいいです。
皆さんがおっしゃるように、ほんと、絶品ハンバーグですね。

ところで、このふたつの違いは、ソースだけだったようです。
デミグラスソースの方は、数量限定で、100円増しなんですが、こちらのほうが人気らしいです。
私も、デミグラスソースの方が好みですが、旦那さんは、矢澤オリジナルソースの方が好みらしい。
確かに、デミグラスソースは濃厚でおいしすぎて、和牛のおいしさが少し負けちゃうようなところがあるかも・・・。
あまりにおいしいハンバーグなので、塩・こしょうだけでいただくのが、本当は一番、お肉のおいしさをしっかりと味わえていいのかもしれませんね。

夜はハンバーグが1400円とちょっとお高めなんですが、平日のランチでは、ハンバーグが若干小さめになるとはいえ、お食事セット込みでなんと1000円で食べられるらしいんです!
土日でも1260円なんだとか。
このクオリティでこのお値段、すごすぎます。
しかも、接客もすばらしい。
有名なのも納得です。
今度は、ランチに伺ってみたいなあ・・・。
ちょっとお値段upになりますが、ステーキも一度食べてみたいです。

おいしいお店 >> 洋食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。