上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

JEAN FRANCOIS

2013/01/29 Tue

渋谷マークシティのパン屋さん、「JEAN FRANCOIS」(ジャン・フランソワ) 。
渋谷はしょっちゅう通るけど、マークシティーって、これまであまり行ったことがなく、パン屋さんがあるなんて、全く知りませんでした。
ところが、通りかかってみると、魅力的なパンがい〜っぱい!!
さっそく購入してみました。

JEAN FRANCOIS
プリエ・ベコン。
カンパーニュ生地を薄くしたものに、燻製したベーコンとマスタードがつつまれています。
ハード系ですが、見た目よりもしっとりとしています。
風味豊かでおいしい〜。マスタードは強すぎず、ほんのり香るところも○。

JEAN FRANCOIS
フィグ・アプリコ。
いちじくよりもアプリコットがたくさん入った、酸味の強いハード系のパンです。
私は、もう少しいちじくが強い方が好きかも。

JEAN FRANCOIS
オランジェ。
オレンジピールが練り込まれた、もっちりとしたパン。
このモチモチ感がたまらない! おいしい〜。
オレンジピールは、見かけにはそんなにたくさん入っていないかな? と思ったのですが、味や香りは十分でした!

パン好きとしては、こんなにおいしいパン屋さんをこれまで知らずに過ごしていたなんて、とっても残念・・・。
またぜひ訪れてみたいと思います。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

スポンサーサイト
おいしいお店 >> パン | コメント:(1) | トラックバック:(0)
ビヒダスヨーグルトのキャンペーンが締め切り間近というのに、ここのところ旦那さんは海外出張中で不在・・・。
毎日、一人でせっせとヨーグルトを食べています。
そんなわけで、今日もヨーグルトを使ったお料理をいくつか作ってみました。
まずは、ランチに食べた「りんごとセロリとくるみのヨーグルトサラダ」をご紹介します。
りんごとセロリって、ほんと、相性がいいですよね。そこにヨーグルトのまろやかな酸味が加わり、おいしいサラダができました!

りんごとセロリとくるみのヨーグルトサラダ

【材料】(2人分)
りんご・・・1/4個
セロリ・・・大1/2本
くるみ・・・10g
A:ヨーグルト・・・大さじ2
A:マヨネーズ・・・小さじ1
A:オリーブオイル・・・小さじ1/2
A:レモン汁・・・小さじ1/2
A:塩・黒こしょう・・・少々

【作り方】
1.くるみはローストして粗く刻む。
2.Aを混ぜ合わせてドレッシングを作っておく。
3.りんごはよく洗い、皮付きのまま、いちょう切りにする。セロリは斜め薄切りにする。
4.(1)〜(3)をすべて和え、お皿に盛りつけ、最後に黒こしょうをさらにふる。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (洋食)を見る




レシピ >> 洋食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
最近、ビヒダスヨーグルトのストウブが当たるキャンペーンに応募するため、がんばってヨーグルトを食べています。
今月末が締め切りなので、追い込み・・・。
そんなわけで、先日の夕食は、たっぷりのヨーグルトを使った、チキンカレー。
今回は、新宿中村屋のチキンカリーのレシピを参考にして作ってみました。

中村屋のチキンカリー

我が家定番のチキンカレーのレシピと大きく異なる点は、バターを入れることと、トマトが少なく、しかもトマト缶ではなくフレッシュトマトを使うというところ。
最近、野菜が高騰していますが、先日、「いわき市見せる課」さんから、「いわき愛菜とまと」をたくさんいただいたところだったので、フレッシュトマトも迷わず使えます。

バターをたくさん使うので、最初はちょっと抵抗がありましたが、コクが出ておいしかったです。
出来上がるまでは、バターチキンカレーみたいな味になるのかなぁ? と想像していましたが、それとは全然違った味わい。
旦那さんからは、「中村屋のカレーっぽい! おいしい!」と大絶賛でした^^ (って、中村屋のカレーなんて、お店ではなくて缶でしか食べたことないんですけど・・・)。
こうなったら、東京にいる今のうちに、新宿で食べておきたいですね。

新宿中村屋のホームページには、他にも何種類かのカレーレシピが載っていますので、興味のある方はぜひ。→(新宿中村屋のカレーレシピはこちら。)
(今回のチキンカレーは、このレシピに、もう少しまろやかさを出すために牛乳を50ccほど追加しています。)
私がもうひとつ気になっているレシピは、キーマカリー。
またチャレンジしてみたいと思います。


いわき愛菜とまと

いただいた「いわき愛菜とまと」。
「いわき市見せる課×レシピブログ」のモニターに当選して、いただいた「サンシャイントマト」を使って作ったレシピを投稿したら、さらにまたこんなにたくさんいただきました。
ありがたい・・・。
さらに!! 21日からまた第2弾のモニタープレゼントの応募が始まっているんですよ。
もちろん、また応募しましたが・・・、当たるといいな♪



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他の記事(今日のおうちごはん)を見る




今日のおうちごはん | コメント:(0) | トラックバック:(0)

干し柿バター

2013/01/24 Thu

父の手作りの干し柿。
普段、あまりお料理などもしない父ですが、とっても丁寧においしく作ってあることにびっくり!
たくさんいただいたので、干し柿を使ったお料理をいくつか。

干し柿の天ぷらは、甘みが増して、おいしい〜。塩をほんの少しまぶしていただきます。
(写真を取り忘れてしまったのが、残念です・・・。)

そして、今回作ったのが、干し柿バター。
ただバターを詰めるだけですが、それだけで、ちょっとおしゃれなお酒のおつまみになったり、おいしいお茶菓子にもなります。
おつまみにするなら、クラッカーなどに乗せていただいてもおいしいかもしれません。
干し柿の甘さが、バターの塩気やまろやかさとあわさって、絶妙な味!
(旦那さんも大絶賛でした!)
カロリーが気になるので、ちょこっとずついただきます。

干し柿は、クリームチーズとの相性もよかったので、今度はクリームチーズを使って何か作ってみようかな。

干し柿バター


【材料】(2人分)
干し柿・・・1個
バター・・・25g程度

【作り方】
1.干し柿のヘタを包丁で切り、種を取り出し、バターが入るスペースを作る。
2.バターを600wの電子レンジで10秒程度加熱し、わずかにやわらかくなる程度に溶かす(溶かしすぎに注意!)
3.やわらかくなったバターを、小さめのスプーンで(1)の干し柿に詰めていく。
4.冷蔵庫でバターが固まるまで冷やし、薄く切っていただく。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (和食)を見る




レシピ >> 和食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
年末年始の休暇中に、旦那さんが作ってくれた牛すじカレー(私も少しお手伝いしました!)。
お野菜と牛すじを赤ワインでじっくり煮込んでくれたから、旨味たっぷり! 牛すじはトロトロ。
白ワインビネガーやりんごを隠し味程度に入れたことで、ほんのりフルーティーな酸味が加わり、いい感じ。
とってもおいしくいただきました!

牛すじカレー

【材料】(8人分)
牛すじ肉・・・600g
たまねぎ・・・3個
セロリ・・・2/3本
にんじん・・・1/3本
しょうが・・・1片
にんにく・・・1片
オリーブオイル・・・適量
赤ワイン・・・600cc
白ワインビネガー・・・小さじ1/2
水・・・1000cc
カレールー(市販:今回はこくまろカレー中辛10皿分)・・・1箱
コリアンダー・・・小さじ1
クミン・・・小さじ1と1/2
ガラムマサラ・・・小さじ1
ヨーグルト・・・大さじ1
りんご・・・1/8個

【作り方】
1.たまねぎ、セロリ、にんじん、しょうが、にんにくをフードプロセッサーでみじん切りにし、オリーブオイルを敷いた鍋で弱火でじっくりと炒め、ソフリットにする。
2.牛すじ肉の気になる脂を多少とり、フライパンで焼き、フードプロセッサーで粗く刻み、(1)の鍋に入れる。
3.赤ワイン、白ワインビネガーを加えてアルコールを飛ばし、さらに水を加えて1時間程度に混む。
4.カレールーを加え、味を見ながら、コリアンダー、クミン、ガラムマサラ、ヨーグルトを加える。
5.仕上げにりんごのすりおろしを加える。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (アジアン)を見る




レシピ >> アジアン | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。