上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
旦那さんの実家から、たくさんのかぼちゃをいただいたので、lekue(ルクエ)の「OGYA」と「ミニッツケーキ」を使って、かぼちゃヨーグルトアイスを作りました。
「ミニッツケーキ」は、ルクエの新商品で、コラムジャパンさんからいただいたもの。
電子レンジ専用商品「Native Microwave (ネイティブ マイクロウェーブ)シリーズ」のひとつで、これで電子レンジやオーブン調理ができるのですが、今回は、型&器として使いました。

ヨーグルトは、ブルガリアの「レシピひろがるプレーンヨーグルト」を使っています。
これは、自分で水切りヨーグルトを作るよりも、しっかりと水切りされて硬くなっているので、調理にとっても便利!!
なんちゃってカプレーゼも上手にできるので、とってもオススメです。

かぼちゃヨーグルトアイス


【材料】(ミニッツケーキ2個分)
かぼちゃ・・・400g
水切りヨーグルト(ブルガリアのレシピひろがるプレーンヨーグルトを使用)・・・150g
砂糖・・・30g
くるみ(ローストしたもの)・・・20g
レーズン・・・6個

【作り方】
1.かぼちゃは600wの電子レンジで1分加熱し(少し加熱したほうが皮を剥いたり切ったりしやすいです)、飾り用を少し残して、残りは皮を剥き、適当な大きさに切る。

かぼちゃヨーグルトアイス

2.(1)をOGYAに入れ、600wの電子レンジで2分加熱し、マッシュする。
3.くるみは刻み、飾り用に少し取り分けておく。
4.(2)に砂糖とヨーグルトを加え混ぜ、混ざったらくるみを加え混ぜる。

かぼちゃヨーグルトアイス

5.(4)をミニッツケーキの型に入れ、冷凍庫で凍らせる。
6.(1)で残しておいた飾り用のかぼちゃと、(3)で残しておいた飾り用のくるみと、レーズンをトッピングする。
7.食べる少し前に冷凍庫から出しておくのがオススメです。


ミニッツケーキ

いただいた、ミニッツケーキ。
カラフルでキュート!!
とってもかわいいので、調理して、そのままトッピングして食卓に出すなど、器としても使えますね!



ルクエレシピブログ

ルクエおすすめ中!
素敵なレシピがいっぱいあります。


他のレシピ (ルクエ)を見る




レシピ >> ルクエ | コメント:(2) | トラックバック:(0)
先日、八百屋さんで、生なめこが3株で100円の大安売り!!
お味噌汁と和え物を作り、残りの1株は、lekue(ルクエ)の「OGYA」を使って、なめたけを作りました。
足がはやい生なめこも、こうすることで保存性が高まるのでいいですね。
ルクエなら、お鍋にこびりつくような心配もないので、とっも簡単にできてオススメです。

なめたけ
【材料】(1株分)
生なめこ・・・1株
酒・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1

なめたけ
【作り方】
1.なめこは石突きを取る。
2.なめこと調味料をすべてOGYAに入れ、600wの電子レンジで4分加熱する。
3.そのまま冷まし、冷蔵庫で一晩寝かせると、調味料がしみ込んで、全体的にとろっとした仕上がりになります。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


ルクエレシピブログ

ルクエおすすめ中!
素敵なレシピがいっぱいあります。


他のレシピ (ルクエ)を見る




レシピ >> ルクエ | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ORIENTAL DELI

2013/08/15 Thu

今年の夏休みは、どこにもおでかけできないし、外食もできないので、タイ料理のデリバリーをすることにしました。
駒場の「ORIENTAL DELI」。
こちらのお店は、お店の中でも食べられるそうですが、宅配が専門。
タイ料理の宅配なんて、とっても珍しいですよね。

オリエンタルデリ
頼んだのは、イサーンサラダセット、豚肉のレッドカレー炒め、マッサマンカレー、バナナの揚げ春巻き。
熱々を持って来てくれました!

オリエンタルデリ
「イサーンサラダセット」
ソムタム、ラープガイ、ムーナムトックの3点盛りです。
この3つは、イサーン料理好きの私たちが必ずといっていいほど注文する大好物!
ラープガイもムーナムトックも、ソムタムのようにかなりあっさりめの味付け。
私たちが好きなタイプの、カオクアがしっかりと感じられるものとは少し違うけど、パクチーもたくさん入っていて、これはこれでおいしいです。
ただ、ナムトックの豚肉が、硬めだったのは残念・・・。

オリエンタルデリ
「豚肉のレッドカレー炒め」
豚肉がとってもやわらか〜。
辛さもほどよくあり、ココナッツの香りやコクがいい感じ。
これ、めちゃめちゃおいしいです。

オリエンタルデリ
「マッサマンカレー」
2つのお皿に分けて盛りつけたので、実際は、この倍の量と、あと、ジャスミンライスがついてきます。
マッサマンカレーとは、もともとは、タイ南部で食べられていたご当地カレーなんだそうですが、米国情報サイト『CNN Go』で「世界で最もおいしい50種類の食べ物(World’s 50 most delicious foods)」で、No1に輝いたものなんだそうです。
日本でこれが食べられるところは少ないそうで、私たちも初めて知りました。
でも、タイ料理好きの私たちが、「世界の美食No1」と聞けば、食べずにはいられません!
じゃがいもと鶏肉をホロホロに煮込んだカレーで、他のタイカレーのようにココナッツミルクが入ったものですが、さらに深いコクがあって、おいしいです。

オリエンタルデリ
「バナナの揚げ春巻き」
パリパリの春巻きに甘くてとろっとしたバナナ。
これはもう、当然、おいしいですよね〜。

どれも本当に、おいしい!
これよりおいしいタイ料理屋さんは他にもたくさんありますが、家にいて、電話1本で、ここまで本格的なタイ料理がいただけるなんて、幸せです。
宅配とは思えない、このクオリティー。
オススメのデリです☆



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

おいしいお店 >> アジアン | コメント:(0) | トラックバック:(0)
楽しみにしていた、Qu'il fait bon(キルフェボン)のピーチweek!
たくさんの種類の桃のタルト
テンションが上がります!!
どれにしようか、旦那さんとホームページを見ながら、ワイワイ。
選ぶだけでもワクワクしてきます
定番の桃のタルトもいいけど、毎年食べているし・・・、やっぱり限定ものって、惹かれますよね。

結局、選んだのはこの2つ。
今回は、しっかり予約して、旦那さんに買って来てもらいました。

キルフェボン

「黄金桃のタルト ~キャラメル風味〜」
キャラメルを効かせた桃のムースと黄金桃のタルトです。
おいしいですが、やや、キャラメルの甘さに黄金桃が負けてしまっているような・・・。

キルフェボン

「桃“なつっこ”と夏の果実のタルト」
タルト生地にカスタードクリーム、「なつっこ」という品種の桃と季節のフルーツのタルトです。
とってもさわやか。おいしい。
でも、いろんなフルーツがあるぶん、桃が少なくて、「桃をもっと食べたい!」という心境になります。

楽しい楽しいピーチweek!
でも、やっぱり、定番の「桃のタルト」が私の中でのNo1です☆



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

おいしいお店 >> スイーツ・ドリンク | コメント:(4) | トラックバック:(0)
旦那さんの実家から、自家栽培のゴーヤーをたくさん送っていただきました。
今年はちょっと小ぶりだけど、たくさんなったようです。

我が家のベランダのゴーヤーは、今年は不作・・・。
まだ、小さな実が2つしかなっていません。
雌花が全然咲かないんですよね・・・。
忙しくて、全然お手入れができていないからかなあ・・・。

ゴーヤーがあると、ついついゴーヤーチャンプルーばかり作ってしまうのですが、今回は佃煮に。
実家の母に教えてもらったレシピを、ほんの少しだけ自分好みに変えて作ってみました。
本当は、昨年の夏の終わりに教えてもらって、はやく試したかったのですが、ちょうどゴーヤ−の季節も終わってしまい、なかなかチャンスがなかったんです。
そんなわけで、ずっと作ってみたかった、このレシピ。
ゴーヤーの苦みと、お酢のさっぱり感がおいしい佃煮。ごはんがすすみます!!

ゴーヤーとちりめんじゃこの佃煮


【材料】(作りやすい分量)
ゴーヤー・・・小2本(大なら1本)
A:しょうゆ・・・大さじ3
A:酢・・・大さじ1と1/2
A:みりん・・・大さじ1と1/2
A:甜菜糖・・・大さじ1
B:ちりめん・・・1/4カップ
B:かつおぶし・・・(3gの小袋)1袋
B:白ごま・・・大さじ3

【作り方】
1.ゴーヤーは、3mm程度の薄切りにする。
2.鍋にAとゴーヤーを入れて煮る。
3.(2)にBを加えてさらに煮る。(あまり煮すぎるとやわらかくなりすぎてしまうので、歯ごたえが残る程度に短時間煮ます。)



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (和食)を見る




レシピ >> 和食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
« Prev | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。