上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ハウス食品×Mercian×レシピブログの「ワインと一緒に人気のアヒージョを楽しもう」モニタープレゼント企画に当選し、「ハウス食品 にんにく族(アヒージョの素)」と、「コンチャ・イ・トロ フロンテラ(シャルドネ)」をいただきました。
「にんにく族(アヒージョの素)」は、魚介や野菜、鶏肉などいろいろな具材とオリーブオイルにまぜて煮込むだけで、簡単にアヒージョがつくれます。
にんにくがしっかりと効いて、ピリッとした辛さも感じられるお味。
結構味が濃いので、バゲットと一緒にいただくのがオススメです。
「コンチャ・イ・トロ フロンテラ(シャルドネ)」は、世界で一番売れているチリワインだそうです。
すっきりとしたフルーティーな味わいがおいしいワインです。

マッシュルームとタコとオリーブのアヒージョ


【材料】(2人分)
マッシュルーム・・・4個
タコ・・・80g
オリーブ・・・3個
オリーブオイル・・・大さじ4
にんにく族(アヒージョの素)・・・1袋

【作り方】
1.マッシュルームは4等分、タコは適当な大きさにぶつ切り、オリーブは半分に切る。
2.小さな鍋にオリーブオイルとにんにく族(アヒージョの素)を入れて混ぜ、(1)の具材を加えてさらに混ぜる。
3.(2)を中火にかけ、ぐつぐつしてきたら弱火にし、さらに3〜5分程度、かき混ぜながら加熱する。


アヒージョの素

いただいた、「にんにく族(アヒージョの素)」。


ワイン

そして、こちらもいただいた、「コンチャ・イ・トロ フロンテラ(シャルドネ)」


アヒージョの料理レシピ
アヒージョの料理レシピ




↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (洋食)を見る



スポンサーサイト
レシピ >> 洋食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

山形のだし

2013/08/27 Tue

少し前のことですが、夏野菜がたくさんあったので、山形のだしを作ってみました。
冷や奴やごはん、そうめん、そばなどにかけていただきます。
暑い季節にぴったりの、さわやかな味!
でも、もう少し旨味があると、もっとおいしいかな・・・。
実は、本物のだしは、数年前に一度食べたきりで、どんな味だったのか忘れてしまったのですが・・・、また、本物を食べてから、調味料などは調整してみたいと思います!

山形のだし

【材料】(作りやすい分量)
きゅうり・・・1本
なす・・・1本
おくら・・・5本
しそ・・・3枚
長ねぎ・・・8cm
みょうが・・・3本
しょうが・・・1片
きざみ昆布(乾燥)・・・10g
白ごま・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ1と1/2
昆布つゆ・・・大さじ1/2
酢・・・大さじ1

【作り方】
1.きゅうりとなすは5mm角に切り、塩水(分量外)につけ、水気を切る。
2.おくらは塩(分量外)もみして洗った後、600wの電子レンジで2分程度加熱して冷まし、小口切りにする。
3.しそは千切りに、長ねぎ、みょうが、しょうがはみじん切りにする。
4.きざみ昆布は、乾燥したまま、ハサミなどで細かく刻む。
5.すべての具材を混ぜ合わせ、調味料で和え、数時間おく。
6.冷や奴やごはん、そうめん、そばなどにかけていただきます。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (和食)を見る




レシピ >> 和食 | コメント:(3) | トラックバック:(0)

HARBS

2013/08/25 Sun

「HARBS(ハーブス)」のケーキ。
旦那さんが夏休みに、渋谷のヒカリエで買って来てくれました。

HARBSのケーキは、生クリームたっぷりのがっつり系。
どちらかというと、こういうケーキは私の好みとは違う方向なんですが、ここのミルクレープがとってもおいしそうで、ずっと気になっていたんです。

ハーブス

私がリクエストした、「ミルクレープ」。
「クレープ生地にフレッシュフルーツとクリームをサンドした一番の人気商品」だそうです。
クレープ自体はおいしいのですが、中に入っているフルーツは、メロンやバナナが中心。
メロンはあまり好みではないので、ちょっと残念。桃とか、イチゴとか、オレンジとかがよかったな・・・。

ハーブス

旦那さんが選んだ、「マロンタルト」。
「チョコチップ入りの生クリームを純粋なマロンペーストで包みました」とのこと。
チョコチップとマロンの相性が結構よくておいしいです。

どちらもすっごいボリューム。
一度に1人で1個は、とても食べきれません・・・。
生クリームが大好きで、がっつり食べたい人にはオススメです☆



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

おいしいお店 >> スイーツ・ドリンク | コメント:(0) | トラックバック:(0)
旦那さんの夏休み、久しぶりにゆっくりとでき、2人でお料理をしたり、デリを頼んだり、ケーキを買ったりと、おいしいものをたくさん食べました。
そして、旦那さんも、お料理をたくさんしてくれました。
作ってくれたのは、お得意のポッロ・アッラ・カチャトーラ夏野菜キーマカレー、そして、こちらの酢豚。
酢豚は、旦那さん初挑戦です(私も作ったことないかも)。
野菜はしゃきしゃき、お肉はやわらか、甘酸っぱい味付けが暑い季節においしい〜!!
初めて作ったとは思えないほどのおいしさでした!
旦那さんレシピですが、覚え書きとして書いておきます。
(ほんの少しだけ甘味が強かったので、次回のために分量を変えたものも書いておきました。)

酢豚



【材料】(4人分)
豚肩ロースブロック・・・300g
A:紹興酒・・・大さじ1
A:しょうゆ・・・大さじ1
片栗粉・・・適量

しいたけ・・・4個
たけのこ(水煮パック)・・・1パック
たまねぎ・・・2個
ピーマン・・・5個
パプリカ・・・1/2個

B:鶏ガラスープ・・・
B:ケチャップ・・・大さじ2と1/2→(次回は大さじ3に)
B:しょうゆ・・・大さじ2と1/2→(次回は大さじ3に)
B:砂糖・・・大さじ3→(次回は大さじ2に)
B:酢・・・大さじ4
B:紹興酒・・・大さじ3
B:片栗粉・・・大さじ2/3

サラダ油・・・適量

【作り方】
1.豚肉は2cm角に切り、Aにつけておき、焼く直前に水気を切り、片栗粉を適量まぶす。
2.野菜は、適当な大きさに乱切りする。
3.フライパンにサラダ油をたっぷりめに敷き、しいたけ、たまねぎ、たけのこ、ピーマン&パプリカの順にサッと炒め、一度取り出しておく。
4.再度サラダ油をたっぷりめに敷き、豚肉を焼く。
5.(3)の野菜をフライパンに戻し、Bの調味料を合わせたものを絡め炒める。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (アジアン)を見る




レシピ >> アジアン | コメント:(0) | トラックバック:(0)

じゃがいもチヂミ

2013/08/21 Wed

旦那さんの実家から、たくさんのじゃがいもをいただきました。
コロッケ、肉じゃが、ポテトサラダ・・・、定番ものをいろいろ作って楽しみましたが、まだまだたくさん!!
そこで、じゃがいもチヂミを作ってみました。
じゃがいもは、おかずとしてではなく、主食として利用すると、たくさんの量がいただけていいですネ。
外はパリッ、中はモチッ、おいしいチヂミができました。
旦那さんからは、チヂミはもちろん、「タレがおいしい!」と嬉しい言葉が。
このタレは、餃子のタレに使っても、とってもおいしいんですよ!
生地は若干やわらかめだったので、片栗粉や米粉などの粉の配合は、もう少し研究したいと思います。

じゃがいもチヂミ

【材料】(4人分)
生地
・じゃがいも・・・5個(700g程度)
・片栗粉・・・大さじ2
・米粉・・・大さじ5
・塩・・・少々

具材
・ニラ・・・1束
・白菜キムチ・・・100g
・豚肉(バラ肉やこまぎれ肉)・・・150g
・塩・こしょう・・・少々

サラダ油・・・適量
ごま油・・・適量

タレ
・しょうゆ・・・大さじ3
・酢・・大さじ3
・砂糖・・・小さじ1
・にんにく(すりおろし)・・・1片分
・ごま油・・・小さじ1
・白ごま・・・大さじ1
・粉唐辛子(韓国産)・・・お好みの量

【作り方】
1.じゃがいもはすりおろし、他の生地の材料と混ぜておく。
2.ニラは3cm程度に切り、豚肉は適当な大きさに切って塩こしょうをまぶしておく。
3.(1)と(2)と白菜キムチを混ぜ合わせる。
4.フライパンをしっかりと熱し、サラダ油とごま油をたっぷりとひき、1/6量の(3)を流し入れ、薄く伸ばして焼く。焼き色がついたら上下を返し、フライパンの周りからごま油をたらし、フライ返しで押さえながらさらに焼く。表面がパリッと焼き色がついて中まで火が入れば完成! これをあと5枚焼く。
5.タレの材料をすべて混ぜ合わせる。熱々のチヂミを、タレにつけていただきます。

*豚肉は生地に混ぜ込みましたが、もしかしたら、先に豚肉をフライパンに敷き、その上から残りの具材を流したほうがいいかもしれません・・・。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (アジアン)を見る




レシピ >> アジアン | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。