上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

牛肉の赤ワイン煮

2012/03/02 Fri

牛肉を野菜と赤ワインでじっくりと時間をかけて煮込みます。
ホロホロと柔らかな牛肉の赤ワイン煮のできあがり!

牛肉の赤ワイン煮

【材料】(6人分)
牛肉(肩肉やすね肉、豚ばら肉でも可)・・・1kg
塩・こしょう・・・適量
強力粉・・・適量
たまねぎ・・・小3個
にんじん・・・小1個
セロリ・・・小1本
オリーブオイル・・・大さじ4
乾燥ポルチーニ(あれば)・・・10g
赤ワイン・・・500cc
にんにく・・・1片
ローズマリー・・・1枝
ローリエ・・・1枚
トマトの水煮缶・・・200cc
塩・こしょう・・・適量

【準備】
●トマトの水煮缶は、簡単な裏ごしをしておく。
●ポルチーニは、かぶるくらいの水を加え、戻しておく。

【作りかた】
1.たまねぎ、にんじん、セロリ、ポルチーニをみじん切りにする。
2.フライパンにオリーブオイル大さじ2をひいて熱し、(1)をしんなりするまで炒め、ソフリット(*)を作る。
3.牛肉を大きめのかたまりに切り、塩・こしょうをし、強力粉をはたく。
4.フライパンにオリーブオイル大さじ2をひいて熱し、強火で牛肉に焼き色をしっかりとつける。
5.牛肉と(2)のソフリットを鍋に入れ、赤ワイン、にんにく、ローズマリー、ローリエを加え、強火でアルコール分を飛ばす。
6.(5)に裏ごししたトマトの水煮缶を加える。
7.(6)にポルチーニとポルチーニの戻し汁を加える。
8.(7)を弱火で4時間ほど煮込む。
9.お肉が柔らかくなったら、塩・こしょうで調味する。

*ソフリットとは、香味野菜をじっくり炒めて、野菜の甘みと香りを濃縮させたもののことで、煮込み料理のベースになります。



●このレシピは、ルクルーゼの鍋を使って作っています。鍋によっては、水を加えたり、煮込む時間を調整してください。
●そのまま食べるより、一晩おいたほうが、味がなじんでおいしいです。


他のレシピ (洋食)を見る




スポンサーサイト
レシピ >> 洋食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。