上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
くるみとクリームチーズのディップ

今日の朝ごはんは、ライ麦パン、くるみとクリームチーズのディップ、生ハムのサラダ、丸ごとたまねぎのコンソメ煮。
いつもとちょっと雰囲気を変えて、和食器に盛り付けてみました。

くるみとクリームチーズのディップは、スイート系のディップ。先日作った、マッシュルームとくるみのクリームチーズディップとは、かなり印象の違うディップになりました。→(くるみとクリームチーズのディップのレシピはこちら)。

生ハムのサラダは、最近よく食卓に登場するひと品。
代官山や自由が丘、日本橋三越などにある「Eataly」では、パルマ産生ハムの切り落としが、通常の半額程度のお値段で買えるので、とってもお得!
生ハムの味が活きるように、ドレッシングはシンプルなオリーブオイルと塩のみ。それにパルメザンチーズをかけます。ただそれだけなのに、とってもおいしくいただけます。

丸ごとたまねぎのコンソメ煮は、ル・クルーゼで作ったもの。丸ごとたまねぎ、ベーコン、黒こしょう、コンソメ、少量の水、白ワインを入れて蒸し煮にしました。
最近、近所のスーパーで、小さなサイズのたまねぎが大量に安く売っているので、よく購入するのですが、このサイズを利用して、おいしくて、見た目もかわいいお料理が作れないかと、試行錯誤しているところです。
今日作ったのは、もう少し工夫が必要そう・・・。いまのところは、ポトフに入れるのが一番よかったかな。

たまねぎには、コレステロールや中性脂肪を減少させて、血液サラサラ作用や、血糖降下作用があるのはよく知られていますが、たまねぎを加熱する場合は、刻んでから15分以上放置することで、有効成分が発生して、その効果が高まるって、ご存知でしたか?
これを知ってからは、時間に余裕のあるときは、15分以上放置するように心がけています。
できるだけ、おいしいものをいただきながらも、健康的に過ごしたいものですね。

スポンサーサイト
今日のおうちごはん | コメント:(2) | トラックバック:(0)
コメント:
ステキな朝ごはんだね。
ライ麦パンとクリームチーズ、相性が、イイね。クルミとメープルも好きな組み合わせ?

私も小さい玉ねぎ、よくまるごと使うよ。やっぱりポトフが多いかな。あとは、皮付きのまま、オーブンで中がトロトロになるまで焼いて、塩コショウとオリーブオイルでいただいたり、焼きなす風に鰹節と生姜がと醤油でいただくよ。
Re: タイトルなし
> takamiwanさん

ありがとう。

たまねぎ、皮付きのままローストするんだー。
たまねぎって、丸ごと加熱すると、旨味や甘みが凝縮されて、本当においしいよね。
皮付きのままだと、さらにその旨味を逃がさなくて、よさそう。
今度、挑戦してみるね!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。