上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

懐かしい畑の味

2011/11/07 Mon

旦那さんの兵庫の実家から、またまた、おいしいおくりものが届きました。
玄米、かぶ、大根、たまねぎ、しし唐辛子、にんにく、落花生・・・そして、柿。
今年初の柿です。おいしそう!
いつもいつも、本当にありがたいです。

懐かしい畑の味
さっそく、今日の夜ごはんは、お野菜たっぷりメニューに。
かぶと大根葉の菜めし、白ねぎと油揚げのお味噌汁、しし唐辛子の炒め物、かぶと豚肉の治部煮風、ナスとピーマンの味噌炒め、落花生の塩ゆで、そして、旦那さんのお母さんお手製のかぶの酢漬け。

菜めし
菜めし。
この菜めしは、昆布、酒、塩を入れて炊き上げたごはんと、刻んで塩もみをしたかぶや大根葉を混ぜて作ります。これ、畑でとれたばかりの新鮮なお野菜ならではの楽しみ方ですよね。最近のスーパーでは、かぶはともかく、大根に葉っぱがしっかりついていることって、あんまりないですものね・・・。

かぶと豚肉の治部煮風
かぶと豚肉の治部煮風。
金沢を旅行したときに初めて治部煮を食べてから、大好物になり、よく、鴨肉ではなく鶏肉を使った治部煮を作ります。そして、かぶがおいしい季節に入ったときに必ず作るのが、この、かぶと豚肉の治部煮風。治部煮のような上品さはありませんが、だしが効いた煮汁がおいしく、この季節にはぴったりのひと品だと思います。→(かぶと豚肉の治部煮風のレシピはこちら)。

落花生の塩ゆで
落花生の塩ゆで。
これを食べたのは、25年ぶりくらい。
私が小学生のときの担任の先生は、野菜を育てるのが大好きで、なぜだか、普段の授業をつぶしてまでも、生徒たちに学校で畑仕事をさせていました。当時は、大変だなーとか、めんどくさいなーって思っていたけど、今振り返ってみると、なんていい経験をさせてもらったんだろう、と思います。自分だけの畑を持つこともできたんですよ。
そんな学校の畑では、サニーレタス、しそ、落花生、さつまいも、じゃがいもなどを育てていたのですが、収穫祭がまた楽しい。クエン酸を入れて作った、甘酸っぱい真っ赤なしそジュースのことは、いまだに鮮明に覚えています。
そう、落花生の塩ゆでは、そのときの収穫祭で食べて以来・・・。
久しぶりに食べた落花生の塩ゆでは、懐かしい、畑の味がしました。

スポンサーサイト
今日のおうちごはん | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。