上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今日は、丸の内の銀杏並木とイルミネーションを見るために、朝早くからお出かけ。

丸の内ブリックスクエア
銀杏並木はちょうど見ごろ。とってもきれいです。

丸の内ブリックスクエア
まるで、ヨーロッパのどこかにいるみたい。

丸の内ブリックスクエア
丸の内ブリックスクエアの庭園のバラも、とっても素敵☆

素敵な庭園を眺めていると、クロワッサンを購入するために並んでいた「ECHIRE MAISON DU BEURRE」(エシレ・メゾン デュ ブール)の行列もそれほど苦にはなりませんでした。

ランチは、「Dhaba India」(ダバ インディア)へ。

そして、お腹が満足した後は、銀座でお買い物。
何年も前からずっと欲しかった「NIKKO」のお皿、ついに購入しちゃいました。
デパートだとあまり種類がないけれど、NIKKO直営ショップ「さわ」は、種類が豊富!
どれも素敵すぎてなかなか決められませんでしたが、結局、使い勝手が一番よさそうな、スクエア型の白いお皿に決定。メイン用、取り皿用、小皿用の3種類を購入しました。
お料理がよく映えそうな素敵なお皿です。
今度改めて、お料理と一緒にご紹介しますね。

「さわ」の後は、「藤城清治さんの影絵展」へ。
藤城さんの影絵は、10年ほど前に「昇仙峡影絵の森美術館」で拝見したことがあったのですが、幻想的な光の世界に魅せられてしまいました。
今回は、ヤマハ銀座で開催されましたが、作品には、楽器や音楽をモチーフにしたものがたくさん登場してくるので、ぴったりですね。
ほんとうに幻想的で、まるで、影絵の中から小人が飛び出してきたり、音楽が鳴り出してきそうな感覚を覚えます。そして、じわーっと心が温かくなって、元気が出てきます。
イベントは本日までですが、ヤマハ銀座の10階には、藤城さんの作品1点が常時飾られているそうなので、よかったらぜひ足を運んでみてください。

さて、だいぶ薄暗くなってきたので、丸の内へ引き返しました。
イルミネーションにはまだ少し早かったので、「新丸の内ビル」へ寄り道。
午前中に「ECHIRE MAISON DU BEURRE」でクロワッサンを購入したばかりでしたが、夜ごはんと朝ごはん用には少し足りなかったので、「POINT ET LIGNE」(ポワン・エ・リーニュ)でパンを購入。
最近、おいしいパン屋さんを見つけると、どうしても食べたくなってしまいます。
東京には、ほんと誘惑がいっぱい・・・。

丸の内イルミネーション
いよいよ、楽しみにしていた「丸の内イルミネーション」。
メインとなるのは有楽町から大手町を結ぶ丸の内仲通り。この通りにある街路樹がシャンパンゴールドの光で彩られています。
華やかすぎない、シンプルなイルミネーションがとっても素敵☆ 気品を感じます。

丸の内イルミネーション
クリスマスリースも輝いていました。

丸の内イルミネーション
午前中に訪れた「丸の内ブリックスクエア」。昼間とは全然、印象が違いますね。
この時期はいつもより、イルミネーションが華やかでした。
でも私は、普段のほんのりとした灯りの方が好みかな。

今日は、昼間は紅葉、夜はイルミネーションと、素敵なものをたくさん観賞して、美味しいものをいただいて、贅沢な1日でした。

スポンサーサイト
おでかけ | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。