上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

シュトーレン

2011/12/15 Thu

パン教室で、ドイツのイースト菓子、「シュトーレン」を作りました。
クリスマスが近くなると、パン屋さんやケーキ屋さんでよくみかけるシュトーレン、魅力的ですよね。
でも結構お高いので、一度も買って食べたことはなく、自分で作るにはちょっとハードルが高くって・・・。
そんなわけで今日のお教室、とっても楽しみにしていました。

シュトーレンは、水をまったく使わず、牛乳で作るようです。
そして、生地にはドライフルーツやナッツをふんだんに練りむので、あらかじめ前生地で発酵させるのがポイントだそう。フルーツがたくさん入っている分、生地がとてもやわらかく、成形には苦労しました。
自分ひとりで作るのは、ちょっと難しそうだなあ・・・。

シュトーレン
先生のお力も借りながら、なんとか出来上がったシュトーレン。
表面にお砂糖をまぶすと、本格的な仕上がりに見えてきます。
ちょっと不格好ですが、かわいらしいシュトーレンができました!

シュトーレン
ふたつ出来たので、もうひとつはプレゼント。
お口に合うといいのですが・・・。

シュトーレン
おやつにいただいてみました。
フルーツやナッツがたくさん入っていておいしいです。
シュトーレンがどんなものなのか、これ以外は食べたことがないのでわかりませんが、もう少ししっとりしているほうがいいのかなあ・・・。

このお菓子、常温で1週間〜10日間くらい日持ちするそうです。
日が経つにつれ、熟成され、フルーツの風味がパンへ移っていっておいしいんだとか。
ドイツでは、毎日少しずつスライスしていただきながら、クリスマスを待ちわびる習慣があるそうなんですね。
我が家でも、今年は、そんなふうに待ちわびながら、クリスマスを迎えることができそうです。
毎日、少しずつ味が変化していくのが楽しみ!

スポンサーサイト
お料理教室・イベント | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。