上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
スペインの3つ星レストラン「El Bulli」(エル・ブリ/エル・ブジ)。
ここは、食材を液体窒素で瞬間冷凍してしまったり、エスプーマという亜酸化窒素を使った機械で泡状にしたりと、「料理」というよりも、まるで「科学実験」をしているかのような調理法で人々を驚かせるお店。世界一予約のとれないレストランなんだそうです。
そんな「El Bulli」でしたが、なんと昨年7月に、世界中の人たちに惜しまれながらも、閉店してしまいました。今後は、料理研究所となるんだとか。
私たちも以前から、「いつか行ってみたいね」なんて、夢みたいなことを話していましたが、それが叶わぬ夢で終わってしまいました・・・。

でも、そんながっかりとしていた私たちに、朗報が飛び込んできました。
映像という形で、「El Bulli」の世界を垣間見るチャンスがあるということなんです。
映画のタイトルは、「エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン」。
さっそく銀座まで観に行ってきました。

「El Bulli」は、1年の半分近くは休業し、新しい料理の開発にあてるそうです。映画の中では、そんな料理の開発に費やしたシェフ達の努力の日々が映し出されていました。
驚いたのは、日本の食材がたくさん使われていたこと。柚子、柿、抹茶、金箔・・・。
何よりも印象的だったのが、オブラートを使った「消えるラビオリ」。具をオブラートで包み込み、それをスープに数秒浸してからいただくのですが、なんとも芸術的。
韓国の伝統宮廷菓子「龍のひげ」(ヨンスヨム)も出てきました。
きっと、シェフ達は、世界中の食材、料理法を学び、研究してきたんでしょうね。
どのお料理も、見た目だけでは味の想像がつきにくいのですが、とにかく芸術的で、素敵なものばかりでした。

映画館の売店には、食に関するグッズや本、DVDなどがたくさん売っていました。
やっぱり、この映画を観に訪れる人たちは、おいしいものが大好きなんでしょうね。
私たちも、「レミーのおいしいレストラン」とか「食堂かたつむり」とか「洋菓子店コアンドル」とか、食に関する映画や本が大好き。
おいしいものって、見たり、想像したりするだけで、ワクワクしてくるんですよね。

考えてみれば今日も、食に関するものばかり、見たり買ったりしていました。
まず、「Dakshin」でランチをした後、三越で圧力鍋の実演販売を見て、「Le Creuset」(ル・クルーゼ)と「STAUB」(ストウブ)のお鍋を眺め、「Nespresso」(ネスプレッソ)でエスプレッソの試飲とエスプレッソマシンの検討、「iittala」(イッタラ)と「NIKKO」(ニッコー)で福袋をチェック。
購入したものは、「GATEAU FESTA HARADA」のラスクと、「MACOU'S BAGEL」のベーグル。
ほんとうに、私たちふたりは、食べること、作ることが大好きなんだなーと、改めて気づきました。

さて、長々と書きましたが、今回ブログに載せる写真がなかったので、食に関するテーマ続きで、キッチン雑貨や食器をいくつかご紹介したいと思います。

イッタラ
こちらは、「iittala」の「Origo」(オリゴ)シリーズ。
ブログには、お料理と一緒によく載せていましたが、しっかりとご紹介をしたことはなかったので、改めてここで。
これは、フィンランドの「ARABIA」の工場で購入したもの。
ここでは、B級品が驚くほど安く購入できるんです。正規品でも、日本で購入するよりも、4割くらいは安く手に入ったかな。
使い勝手がよくて、とってもお気に入りです。

エヴァソロ
そして、こちらは、「Eva Solo」(エヴァソロ)の「カフェソロ」、「iittala」のクリスマス限定のペアマグカップ、マグカップを購入したときにお店でいただいたミニマグカップ、先日お友達からいただいた「iittala」のエスプレッソスプーン、「NIKKO」のお皿。
「Eva Solo」は、デンマークで購入したものです。こちらも、日本よりもかなり安く購入できました。
紙フィルターを使わないでコーヒーが入れられるので、香りが損なわれず、保温カバーもついているという優れもの。何よりも、このかわいらしい形がお気に入りです。
そう、これがあるので、「Nespresso」のエスプレッソマシンを購入するのは、ちょっと贅沢かなぁ・・・と迷ってしまうんですけどね・・・。

たくさんご紹介しましたが、お気に入りのキッチン雑貨や食器は、まだまだあります。
それは、また少しずつ、ご紹介できたらと思います。

スポンサーサイト
キッチン用品・雑貨・インテリア | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。