上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
峠の釜めし
近所のスーパーで、あの有名な、横川駅「峠の釜めし本舗 おぎのや」の「峠の釜めし」が数量限定で売られていました。
こちらの釜飯は、容器に後からご飯や具を盛り付けただけの"釜飯風の駅弁"ではなく、釜に生の米と出汁・具を盛り付け、実際に炊飯する、本物の釜飯なんだそうですね。
数分のうちに次から次へと売れ、残りは5個に。
私たちも、一度食べてみたいと思い、ランチ用に買ってみることにしました。

峠の釜めし
蓋をあけてみると、まず、見た目の綺麗さに感動!
鶏肉、ごぼう、椎茸、タケノコ、うずらの卵、栗、あんず、グリンピース、紅生姜などが入っています。
ごはんは薄味ですが、しっかりと出汁の味が出ていて、具は濃いめの味付けがされています。
おいしい!!
特に、鶏肉の甘辛いお味とやわらかさが美味。
あんずが入っているのには驚きましたが、これが、ごはんとよく合うから不思議。
別添えでお漬け物がついてくるのも嬉しいですね。

さすが、おぎのやの「峠の釜めし」。
有名なのがよくわかります。
駅弁って、おうちでいただいても、旅を想像して、なんだかわくわくしてきます。
実際に横川駅でいただいたら、もっともっと楽しいでしょうね。

そうそう、空になった容器(釜)は、家庭で1合のご飯がおいしく炊けるんですって。
おぎのやのサイトを見てみると、釜を使った、おいしいご飯の炊き方や、オリジナルレシピがたくさん載っていました。
おいしいお弁当をいただいた後に、さらに容器まで楽しめるなんて、お得な気分♪
今度、さっそく、ご飯を炊いてみようと思います。

スポンサーサイト
おいしいお店 >> 和食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。