上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
しもかわ観光協会さんから下川うどんをいただき、うどん料理コンテストに応募してみました。

食欲の落ちやすい夏でもガッツリとおいしく食べられるように、揚げた鶏肉にお野菜たっぷりのさっぱりとした甘酸っぱいタレをかけ、つるつるシコシコの下川うどんにからめました。
油淋鶏のようで、冷やし中華のようで、サラダうどんのような、そんな1品。
彩り豊かな夏野菜が盛りだくさんで、見た目も栄養面でのバランスも抜群です。

彩り野菜の油淋鶏うどん

【材料】(2人分)
下川うどん(乾麺)・・・200g
鶏肉・・・大1枚(300g)
塩・・・小さじ1/2
こしょう・・・少々
酒・・・大さじ1/2
片栗粉・・・大さじ1と1/2
揚げ油・・・適量
グリーンリーフ・・・6枚

野菜ダレ
トマト・・・1個
パプリカ(黄)・・・1/4個
ピーマン・・・1/2個
キュウリ・・・1/2本
長ネギ・・・1/3本
にんにく・・・1片
しょうが・・・少々
A:醤油・・・大さじ2と1/2
A:酢・・・大さじ2と1/2
A:砂糖・・・小さじ2
A:ごま油・・・小さじ2と1/2

彩り野菜の油淋鶏うどん



【作り方】
1.鶏肉は脂身をとり、厚みが均一になるように切れ目を入れ、叩き、半分に切る。塩・こしょう、酒をまぶし、30分以上置いておく。
2.長ネギ、にんにく、しょうがをみじん切りにする。
3.Aの調味量を合わせて(2)と混ぜ、冷蔵庫で冷やしておく。
4.パプリカ、ピーマン、キュウリは5mm程度の粗みじん切りに切り、塩少々(分量外)をまぶし、しばらくしたら水気を軽めに絞る(タレが水っぽくならないように、トマト以外の野菜の水気は軽く絞っておくのがポイント)。トマトは7mm程度に切る。野菜は、盛りつけの直前にタレと合わせるので、切ったら冷蔵庫で冷やしておく。
5.鍋にたっぷりの湯をわかし、うどんを茹でる(表示の分数よりやや早めにあげる。9分程度)。うどんが茹であがったら、氷水にさらし、しっかりと冷やし、水気もしっかりと切る(最後に熱い油淋鶏を乗せるので、ここでキンキンに冷やしておくことと、全体が水っぽくならないように水気をしっかりと切ることがポイント)。
6.うどんを茹でている間に鶏肉を揚げる。下味をつけた鶏肉はペーパーで水分を拭き取り、片栗粉をまぶし、油で揚げる。揚がったら、油を切り、1cm程度の食べやすい幅に切る。
7.(4)の野菜の一部を飾り用に取り置き、残りを(3)で混ぜ合わせたタレと和える(全部タレと混ぜてしまうと彩りが悪くなってしまうので、少し取り置いておくことがポイント)。
8.お皿にグリーンリーフを敷き、うどんを乗せ、その上に揚げた鶏肉を乗せ、(7)の野菜ダレをかけ、取り置いておいた野菜を上にパラパラとかける。

下川うどん
いただいた「下川うどん」。
つるつるとしていて、コシも強く、とってもおいしいです!



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (和食)を見る




スポンサーサイト
レシピ >> 和食 | コメント:(3) | トラックバック:(0)
コメント:
おいしそう♪
うどんと油淋鶏ってボリュームたっぷりでイイね♪ウチの旦那様が「食べたい!!」って言いそう。今度作ってみようかな。
takamiwanさんへ
ありがとう。
うん、ボリュームたっぷりだけど、さっぱり食べられたよ!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。