上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

馬事公苑 愛馬の日

2012/10/03 Wed

先々週末、馬事公苑の愛馬の日のイベントへ出かけてみました。

伝統馬事芸能や馬のショーを見るのは初めて。

愛馬の日
流鏑馬(やぶさめ)。
迫力があります。
全速力で走る馬の上で、両手を離して、矢を引くのは、かなりの技だそうです。
何度か走るうちに、馬が疲れて速度が落ちるようなんですが、ゆっくりだと簡単になるかというと、そうではなく、かえってバランスをとるのが難しくなるそうです。

愛馬の日
甲冑競馬(かっちゅうけいば)。
実際の競馬のときはあまりにすごい迫力で、うまく写真が撮れなかったのですが、これは、最初の慣らしの走り。

愛馬の日
興奮して、放馬してしまった馬。
なかなか止まらず、3〜4周くらい走っていました。

愛馬の日
レプリーズ。
交通機動隊騎馬隊による団体演技です。

愛馬の日
母衣引(ほろひき)。
馬の足並みを三段階に分けて早め、その変速に従ってだんだんと、母衣を後方に伸ばし広げ、最後は馬と母衣による見事な平行線を描くというもの。

愛馬の日
白と緑の母衣は春を、紅と白の母衣は秋を象徴するものだそうです。
風を切って走る馬と、風になびく母衣がとても綺麗です。

愛馬の日
チャグチャグ馬コ。
農家の人々が馬を美しい装束で飾り、その装束に15個の鈴をつけて、これを鳴らしながらお宮に集まって日頃の馬の苦労に感謝し、神前で馬の取引を行い、道中の安全を祈願するという、岩手県の古くからの風習。この馬の鈴の音が「チャグチャグ」と聞こえることから「チャグチャグ馬コ」と言われるようになったそうです。

愛馬の日
Dream Horse Show。

愛馬の日
馬をゴロンと寝かせたり、自由自在に操っています。
馬との信頼関係が大切なんでしょうね。

愛馬の日
神旗争奪戦(しんきそうだつせん)。
花火によって打ち上げられた旗を、取り合って競う競技です。

愛馬の日
馬車試乗会。
こういうイベントのときだけでなく、毎週木曜日は試乗できるそうです。
馬のカッポカッポという歩く音と、馬が車を引くときの揺れが、なんとも心地よくていい感じ。
馬車に乗るのも、もちろん初体験。とっても貴重な体験ができました!

春には、桜並木の中、馬車に乗ることもできるそうです。
きっと素敵でしょうね。

東京でも、こんなに自然が豊かなところで、ゆっくりと過ごせるなんて、楽しいですね。

スポンサーサイト
おでかけ | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。