上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
8月末にオープンしたばかりの渋谷のブーランジェリー、「GONTRAN CHERRIER TOKYO」(ゴントランシェリエ)。
パリで人気のお店で、日本初出店なんだそうです。

ゴントランシェリエのイチオシは、なんといっても、クロワッサン!!
写真を撮り忘れてしまったのが残念なのですが・・・、まず見た目がとっても綺麗で感激します。
そして、お味も、おいしすぎて感激☆
パリッ、サクッ、のクロワッサンをひと口かじると、バターの香りがふわ〜っと広がります。

かなり高級な「ECHIRE MAISON DU BEURRE」(エシレ・メゾンデュブール)のクロワッサンは別格として、それ以外では、これまで食べたクロワッサンの中で一番好きかもしれません。

ゴントランシェリエ

そして、今回購入したのが、クイニーアマンと、ハニ−ジンジャーリュスティック。
クイニーアマンは、カリッ、サクッとした食感に、しっとりとしみ込んだ甘さがたまりません。
ハニージンジャーリュスティックも、甘さの中にしっかりと生姜の味が効いていて、もっちりとした食感がおいしいです。

ここのお店の素晴らしいところは、CPがとってもいいこと。
これだけおいしいのに、比較的手頃な価格なので、ちょこちょこと買いに行けそうです。
カフェメニューも充実しているようだったので、いつか食べてみたいと思います。

ところで、渋谷のパン屋さんつながりで余談ですが、先日、「LE PAIN de Joël Robuchon」(ル パンドゥ ジョエル ロブション)で、偶然、すごい方をお見かけしました。
そう、あの世界的にも有名なフレンチの巨匠、「ジョエル・ロブション氏」です。
すごいでしょ〜!!
渋谷のヒカリエにロブション氏?!  かなりびっくりして、興奮してしまいました☆
「LE PAIN de Joël Robuchon」は、ジョエル・ロブションの世界初のパン専門店なんだそうですが、まだオープンして半年あまりということで、見に来られたんでしょうか・・・?
急いでホームページをチェックしてみると、ロブション氏は11月2日まで来日されていたらしく、いくつかのレストランの厨房に立たれたそうです。
すごいですね。

そうそう、ロブション氏と言えば、先週からスタートした「料理の鉄人」の復活版、『アイアンシェフ』、かなり面白いですね。
私以上に旦那さんがとてもハマってしまったようで、「いや〜、おもしろい!!」と何度もつぶやいていました。
個人的に、新アイアンシェフに抜擢された、ロブション氏の愛弟子、「須賀洋介氏」のお料理がとても楽しみです。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

スポンサーサイト
おいしいお店 >> パン | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。