上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Brasserie Gus

2013/03/27 Wed

千鳥ヶ淵でお花見ボートの後、ランチは、神楽坂のビストロ、「Brasserie Gus(ブラッスリー・グー)」に行ってきました。

ここのランチはなかなか予約が取れないという、超人気店。
私も、はりきって1ヶ月前から桜の時期に合わせて予約していたのですが・・・、予定よりも桜の開花が早まり、一度は諦めていました・・・。
ところが、前々日に電話をしてみたところ、キャンセルが出たのか、運良く空きがあり、なんとか伺うことができました。

なぜそんなに人気があるのかというと、前菜、パン、メインのランチセットで1050円というCPの良さ。
前菜は、パテ、テリーヌ、リエット、ゼリー寄せ、マリネ、キッシュなど、メインは、煮込み、ステーキ、ポワレ、コンフィなどたくさんの種類から選べ、どれもボリュームたっぷりでおいしいんですって。

いつか行ってみたいなとずっと楽しみにしていたビストロです。

ブラッスリー・グー

店内は、ビストロらしい、気取らないかわいい雰囲気。

まずは前菜とパン。
ブラッスリー・グー
本日の黒板メニューから迷わず選んだ「田舎風テリーヌ」。
大好きな「パテ・ド・カンパーニュ」は、ビストロに行くと必ずといっていいほど注文します。
こちらのお店のものは、ホールのペッパーがたくさん入っていて、おいしい〜。
付け合わせのサラダもたっぷりで、キャロットラペやピクルスも、酸味がほどよくておいしいです。

ブラッスリー・グー

「鶏レバーのパテ」。
「お肉のテリーヌ」や「鴨のリエット」とも迷いましたが、やっぱりここは、またまた大好物の「レバーパテ」で。
これまでに食べた「鶏レバーのパテ」と少し味わいが違い、バターがよく効いています。
そして、と〜っても滑らかな舌触り。
自分でもレバーパテを作ることがありますが、こんなに滑らかには仕上がらないので、やっぱりプロなんだなあ、と思います。

バゲットは、口コミではそれほど評判がよくなかったのですが、私たちは、「結構おいしいよね〜」との感想。
確かに味わい深さなどはそれほどないのですが、パリッとしたクラストに、空洞が大きくてしっとりとしたクラムは、結構好みです。ほんのり温かいのも嬉しい。
特にレバーパテがおいしすぎるので、おかわり自由のバゲットが、どんどん進んじゃいそうです(実際、旦那さんは、どんどん進んでしまっていました・・・)。

そして、メイン。

ブラッスリー・グー

まず、迷わず決めたのは、「黒豚バラ肉の赤ワインビネガー煮込み」。
すごいボリューム!!
脂がしっかりと乗っていて、やわらか〜。
赤ワインビネガーの酸味が強すぎないさっぱりとしたお味もとってもいい感じ。
おいしい〜☆
付け合わせのマッシュポテトも、なめらかでとってもおいしいです。

ブラッスリー・グー

もうひとつは、「仔羊の煮込み」。
「鴨もも肉のコンフィ・粒マスタードソース」や、本日の黒板メニューの「牛舌先の赤ワイン煮」ともすっごく迷いましたが、結局こちらにしたのは正解でした!
仔羊は、ナイフを入れると、ホロホロっと崩れていきます。
やわらかくって、おいしい〜☆

確かに、この内容で1050円とは、驚きのCPの良さですね。
大満足のランチでした!
もっと近くだったら、頻繁に通ってしまいそうです。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!

スポンサーサイト
おいしいお店 >> 洋食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。