上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Signifiant Signifie 1

2011/07/09 Sat

三宿の名店「Signifiant Signifie」(シニフィアン シニフィエ)のパン。
ここを訪れるのは2回目。
前回初めてこのお店のパンを食べたときに、あまりのしっとりもちもちさ、そして豊かな香りや味わいに、驚きを感じたのを覚えています。
あのおいしさが忘れられず、再訪しました。

ここは、ハード系のパンの種類がとっても豊富で、バゲットだけでも何種類もあります。

シニフィアン シニフィエ
こちらは、前回購入した「チャバタ」。前回は、他にも、「パン・ド・ブラン」や「バゲット・アンプ」の土日限定の太いタイプをいただきました。

Signifiant Signifie
今回は、パン・ド・ミ、スタンダードなバゲットを購入。
やっぱりもちもちしていておいしいです。バゲットは、細いタイプのものより、前回食べた太いタイプのほうが私は好きかな。

Signifiant Signifie
バゲットに、日本橋三越の「EATALY」(イータリー)で購入した生ハムと山羊のチーズ、おうちで作ったレバーパテなどをはさみながらいただきました。
相性バツグン!
でも、ここのパンはとっても味わい深いので、本当は、何かと一緒に食べるともったいないくらいです。
本当にトップクラスのパン屋さんだと思います。
先日、お友達と一緒に食べに行った、VIRON(ヴィロン)のパンと、甲乙つけがたいなぁ・・・。

あまりにおいしくて、本屋さんで、志架勝栄シェフの「ホームベーカリーでつくるシニフィアンシニフィエの高加水パン&ドイツパン」というレシピ本まで買ってしまいました。
何種類もの粉を使い、塩や硬水などにもこだわったレシピ本です。
果たして、Signifiant Signifieのようにもっちりとできるのかしら・・・?
楽しみです。

スポンサーサイト
おいしいお店 >> パン | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。