上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
離乳食が完了し、幼児食が食べられるようになったおチビちゃん、最近は、味付けこそ薄いものの、大人の取り分けがだいぶ食べられるようになってきました。

蒸し野菜のバーニャカウダソース&コーンディップソース

そんなある日、お友達のママとお子さん達2組をおうちにお招きしたときに作ったメニュー。
「蒸し野菜のバーニャカウダソース」と「ひよこ豆のドライカレー」。

今回は、そのうちの「蒸し野菜のバーニャカウダソース&コーンディップソース」をご紹介。
大人にはバーニャカウダソースを、子どもにはコーンディップソースをつければ、大人も子どもも同じお料理が食べられるのが嬉しい!
食べにくいお野菜も、子どもの大好きな甘〜いコーンディップをつければ、たっぷり食べられちゃいます。
おチビちゃんは、大人の真似をして、お野菜をソースにチョンチョンとつけて食べるのが大好き。
こんなに小さな子どもでも、上手にディップすることができるなんて、ほんとびっくりです!!


蒸し野菜のバーニャカウダソース&コーンディップソース

バーニャカウダソース
【材料】(作りやすい分量)
 牛乳・・・100cc
 にんにく・・・5片
 アンチョビ・・・10g
 オリーブオイル・・・50cc

【作り方】
1.鍋に牛乳とにんにくを入れ、弱火で15~20分程度、にんにくがやわらかくなるまで煮る。
2.にんにくの水気をきってまな板の上に広げ、アンチョビと一緒に包丁で刻み、包丁の腹でつぶしていく(なめらかに仕上げたければ、ブレンダーを使う)。
3.(2)を(1)の鍋に入れ、オリーブオイルやアンチョビの油も加えて泡立て器でよく混ぜ合わせて乳化させる。
4.(3)を火にかけ、煮立ったら、ソースをココットやフォンデュ鍋に移す。
5.(4)のソースにお好きな野菜(蒸しても生でもOK)やきのこ、パンなどをつけていただく。

コーンディップソース
【材料】(子ども3人分)
 うらごし野菜「コーン」(パルシステム)・・・ 15g×3個
 牛乳・・・大さじ1/2
 野菜スープ(和光堂のBF粉末)・・・1/2袋

【作り方】
1.材料をすべて混ぜ合わせ、電子レンジで加熱する。
2.(1)のソースにお好きなお野菜(蒸しても生でもOK)やきのこ、パンなどをつけていただく。



↑レシプブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!


他のレシピ (洋食)を見る




スポンサーサイト
レシピ >> 洋食 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。